ページの先頭です]

本文まで進みます]


クラブ紹介 (Overview)

ここから本文です]

  1. ホーム
  2. クラブ紹介
  3. 姉妹クラブ:福島南RC(第2530地区)

姉妹クラブ

福島南RC(第2530地区)

2011年3月11日に起きた東日本大震災に、東北各地への支援・協力を模索しました。勿論クラブ単位では大がかりな事業は出来ませんが、いてもたってもいられず各方面へコンタクトを取ってみました。 そんな中、第2530地区の大橋廣治ガバナー(当時)より、レスポンスが届きました。支援方法など意見交換のなかで、大橋ガバナーが所属する福島南ロータリークラブとの姉妹クラブ締結ということに至り、2011年10月19日両クラブの調印式を迎えることができました。
その後、原発事故に関連し、ほかの地域とは異なった困難な福島県内の復興支援を行っています。
2011年:

東日本大震災義援金100万円を寄付

車いす60台を福島県内へ寄贈

風評被害対策プロジェクト~SNS,福島JAを通じ産直品を毎月購入

2012年:

福島件保育教会を通じ、室内遊具ソフトブロック10セット寄贈
(原発事故により、外遊びが難しい子供たちへ遊具)

2013年:

飯舘村特別養護老人ホームへ車両購入支援
(飯舘村特養施設では、入所者へ配慮し、村内の施設に暮らしていますが、職員は避難先から通い、必要な物資を運ぶ業者は避難区域には入れないので、職員が取りにいかなければならず、新しいワゴン車は必要ということで100万円を補助しました)

2014年:

福島件保育教会を通じ、ソフトブロック10セット寄贈
福島南RCも3セット寄贈

2015年:

福島南RCとの共同事業として、飯舘村小中学校へ図書寄贈

ページの先頭へ

先頭へ戻ります]


ページの最後です]

先頭へ戻ります]