東京麹町ロータリークラブ

会長挨拶

会長挨拶

我が東京麹町ロータリークラブのホームページにようこそ

東京麹町ロータリークラブ
2020~2021年度会長
須藤 仁

須藤会長

所信表明

ロータリーライフをみんなで楽しもう

2020-21年度国際ロータリー会長ホルガー・クナーク氏は、2020-21年度テーマを「ロータリーは機会の扉を開く」(Rotary Opens Opportunities)と発表されました。ロータリーとはクラブに入会するというだけでなく、「無限の機会への招待」である。私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機械の扉を開いています。奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機械を生み出すものである。奉仕プロジェクトを通じて会員自身や受益者の人生をより豊かにするための道を開くのがロータリーである。

2020-21年度第2580地区ガバナー野生司義光氏は地区のテーマも同一での活動することを示されました。年次目標として1会員増強2公共イメージの向上3分区ごとロータリーデーの開催以上3点を達成することによって「ロータリーを楽しんで仲間を増やす」。東京麹町ロータリークラブではポリオ撲滅チャリテイー寄席の開催。バリ島「口唇口蓋裂治療」バリ・ヌサドアRCとGGを利用した支援。鍵盤ハーモニカの寄贈。福島県農業物産風評被害改善対策。東京麹町ロータリークラブではロータリーにふさわしい奉仕活動を継続展開しています各事業にみんなで楽しみそしてひと手間かけ公共イメージの向上につなげます。クラブ奉仕委員会のもと魅力ある例会・親睦活動をそして職業・社会・国際・青少年・米山・姉妹クラブ委員会のもと奉仕活動を展開して「ロータリーライフをみんなで楽しもう」。「品格を重んじ、仲間を尊重する(あなたが一番・私が二番)クラブ」よろしくお願いいたします。

ロータリー戦略計画 ビジョン声明「私たちは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する世界を目指しています。」 (Together,we see a world where people unite and take action to create lasting change – across the globe, in our communities, and in ourselves.)
優先事項として1.ロータリーがより大きなインパクトをもたらす 2.参加者の基盤を広げる 3.参加者の積極的な関わりを促す 4.適応力を高める 

ページのトップへ戻る